宅配弁当業者の選び方|梅干や神戸牛などギフトに最適な食べ物を紹介

宅配弁当業者は利用者で決めることがポイント

宅配弁当業者の選び方

弁当

利用者で決めよう

大阪で宅配弁当業者を決めるときは、弁当を食べる人の年代・性別を先に知ることが大切です。例えば、年配の方の利用者が多い場合は、ボリュームよりも、健康志向で野菜や魚料理が多い弁当業者を選ぶようにしましょう。女性が多ければヘルシーで食べやすいものを、男性が多ければボリュームがあり食べごたえのあるメニューを取り揃えている弁当業者を選ぶと良いでしょう。

サービスにも注目

業者のサービスも注目しておきたい点です。配送地域が範囲内であるか、料金設定は最適か、場合によって具材の変更や個数の変更が容易にできるかといった点をチェックしましょう。食品の安全性についてポリシーがしっかりしている業者も選んでおいて間違いありません。また、対応している支払い方法についても確認しておきましょう。

シーン別弁当の決め方

会議

会議中の弁当は、食べやすいことを優先してメニューを選びましょう。高すぎず予算内におさまる弁当ならさらに良いでしょう。幕の内弁当は会議弁当として定番です。

研修やセミナー

研修やセミナーなど弁当を食べる人数が多い場合は、リーズナブルな弁当を選ぶことが重要になります。また、1つの種類だけではなく2、3種類の弁当を用意することで参加者の好き嫌いを心配する必要もなくなります。

重役やお客様の接待

重役やお客様の接待で注文する弁当は、価格が高くなっても上品で美味しく見栄えが良いものを選ぶべきです。いわゆる高級弁当の中から選ぶと失敗しにくいでしょう。

イベント

参加者が多く体力も必要な会社のイベント時には、リーズナブルかつボリュームのある弁当を選ぶと喜ばれやすいでしょう。ハンバーグや唐揚げなどのお肉が入っている弁当が定番です。

弁当選びの重要度ランキング

no.1

見た目

会社やイベントで複数人の弁当を選ぶことになった時に最も重要視すべきポイントは「見た目」です。美味しくても見た目が悪ければ弁当は食べにくくなります。多くの人が食べたくなるような見た目の弁当を選びましょう。

no.2

食べやすさ

見た目の次に重要視するべきポイントが「食べやすさ」です。特に会議などの場面では、話しながらでも食べやすい弁当は重宝されます。おかずが一口大かどうか、無駄な作業は必要ないか、といった点に注目しましょう。

no.3

具材の種類

三番目に重要視すべき点が具材の種類です。おかずが1品だけ大きくのっているものより様々な具材が小さくある弁当の方が、食べられる人も多く、ウケは良いでしょう。

no.4

好き嫌い

会社やイベント時の弁当選びは「食べる人の好き嫌い」も気をつけましょう。もちろん全員の好き嫌いを把握することは難しいので、みんなに好かれやすいおかずが入っている弁当や、数種類のおかずが入っている弁当を選びましょう。

no.5

価格

五番目に重要視したいポイントが「価格」です。上記4つのポイントをおさえたら最後は予算内で弁当を注文できるかチェックする必要があります。価格が高すぎて無駄な出費が出ないようにしましょう。

広告募集中