西京味噌を知る|梅干や神戸牛などギフトに最適な食べ物を紹介

京都で作られる西京味噌は魅力がいっぱい

西京味噌を知る

味噌

西京味噌ってなに?

西京味噌とは、主に京都でつくられる味噌のことで、白味噌に分類されます。米麹を多く使い、甘口であることが特徴です。色は淡黄色で水飴が配合されることもあります。西京味噌の始まりは約200年前とされていて、宮中料理用味噌として作られました。東の都である東京に対して西の都である京都が西京と呼ばれることから「西京味噌」という名前がつきました。

西京味噌の魅力

西京味噌は、甘口の味噌であることが特徴なので、他の調味味噌に比べて塩分濃度が少ないことが魅力です。一般的な調味味噌の塩分濃度が12%前後であるのに対し、西京味噌は5%前後です。塩分を気にする方にはうってつけの味噌といえます。西京味噌の甘さを利用して、酢味噌や、魚を使った西京焼きといった料理を作ることができます。

西京味噌愛用者の口コミ

リラックス効果に期待

白味噌に分類される西京味噌には、リラックス効果があるといわれて摂取するようにしています。イライラ効果を抑えることができるそうで、確かに西京味噌を使った料理を食べると落ち着いた気持ちになります。

西京味噌で健康効果

西京味噌には乳酸菌が多く含まれていて、腸内環境を整える効果があるそうですね。西京味噌の甘さも好きなので家族で西京味噌を使った料理をよく作っています。

賞味期限には注意

西京味噌は他の味噌と比べても塩分濃度が低いので、賞味期限切れが早いですね。味と香りは好きなんですが、多い量を買うと毎回賞味期限切れしてしまうので一度に買う量は気をつけています。

西京味噌でおいしい料理

味噌料理が好きで、その中でも西京味噌を使った料理は大好きです。最近は西京味噌でグラタンを作ってみました。西京味噌の甘みがきいてとても美味しかったです。

味噌の種類

米味噌

大豆に米麹を足して作られたものが米味噌です。日本では、一番消費量が多く、色は白から淡色、赤まで様々です。全国各地で作られていて日本国民には無くてはならない味噌だといえます。

麦味噌

大豆に麦麹を足して作られたものが麦味噌です。九州・四国・中国地方で多く作られています。甘口と辛口があり、他の味噌に比べても香りが強いことが特徴です。

豆味噌

米麹を足すわけでもなく、麦麹を足すわけでもなく主原料の大豆と塩のみを使って作られる味噌が豆味噌です。甘みは弱く、渋みが強いことが特徴ですが、旨みも感じられる味噌です。愛知や三重、岐阜などの中京地方で多く作られています。

調合味噌

米味噌と豆味噌、米味噌と麦味噌というように種類の違う味噌をブレンドしたものが調合味噌になります。合わせ味噌ともよばれ、単体だとクセが強い味噌でも調合することでマイルドな風味を出すことができます。

広告募集中